戦力分析:レイヴンズ

総評:
阪和リーグ開始時より参加の古参チーム。
なかなか決勝トーナメントに出場できず、苦労してはいるが2015年は期待が持てる結果を出した。投手陣ではエース木村が一気にブレイクし、各種投手ランキングで上位に食い込む快挙を成し遂げた。打者陣でも、新たに加わった吉川、保田を中心にチームの4番でもある木村の長打力も魅力的。毎回自軍でメンバーを集められる層の厚さも定評があり、今後伸びてくるポテンシャルを秘めている。防御率は2点台中盤に抑えているものの、チーム打率が2割を切っており、その点の改善が2016年飛躍の鍵となる。

打力
60
走塁
75
守備
70
投手力
80
層の厚さ
90