戦力分析:マクラーレン

null

総評:
2013年度2位、2014年度リーグ優勝の強豪。攻守のバランスが取れた隙の無いチーム。
リーグを代表するエース山崎と村田のバッテリーを中心に守り抜くスタイルでチーム防御率0点台を達成。2015年度はまさに山崎の年、圧倒的なピッチングでタイトルを総なめ。最終的には投手MVPを獲得する大車輪の活躍だった。野手はユーティリティーな選手が多く、隙が非常に少ない。2年連続でMVP級の活躍をしている2015年度リーグ首位打者&打点王の村田を筆頭に、松下、山本、日高らが脇を固める重厚な打線。2015年度は8試合でリーグトップの54得点を記録している。
2016年度も優勝候補の筆頭としてリーグを引っ張る。

打力
85
走塁
85
守備
85
投手力
100
層の厚さ
75