戦力分析:ギャオス

総評:
豪快な打線と老獪な投手陣が魅力のチーム。長打が魅力の若手、春木を中心に、柳本、絹川、小山、奥らが打線を引っ張り、2015年度はリーグ2位の50安打を記録するなどその破壊力は侮れない。
走塁に対する意識はそれほど高くないがそれを補えるほどの打線があるからこそだろう。投手陣では、阪和リーグ内最年長と思われる坪地、2015年度は非常に質の高いピッチングで貢献した絹川の二人が引っ張る。2015年度は3勝4敗1分と負け越してしまったが、チーム防御率2点台をマークしていることもあり、上手く噛み合えば十分に勝ち越し・決勝トーナメント進出も狙えるチームである。

打力
85
走塁
65
守備
75
投手力
85
層の厚さ
70